プロフィール

仙台にて心の悩み解決をサポートしています

仙台にて心理セラピー(心理療法)で人間関係、親子・家族問題、生きづらさなどのお悩みを抱えている方に対して、悩み解決・心の癒し・自己成長など、人生をより良く生きるためのサポートをしております。

今ある問題を整理して過去の自分と向合い未完了の思いに気づき癒し、心の仕組み・在り方などを知る事で生きるのが楽だ『わたしはわたしでいい』そんな風に“しんどい生き方から心が楽になる生き方”に自然に変化している自分に気づく事が出来るようになります。

心理セラピーをもっと身近にそして気軽に活用することで、心の余裕・ゆとりを持ち幸わせや喜びを安心して素直に感じ、生きる力を取戻して“自分が自分として生きる人”が増えていくことを目的としています。

更には、その一人の思いが家族へ広がり“地域全体の心が豊かになる”そんな生き方を広げていきたいと思っております。

機能不全な家族に産まれ育ち自分が生きづらさを抱えていました

わたしの父はアルコール依存症でした。わたし自身が機能不全家族に産まれ育ち生きづらさを抱えて自分を大切にすることもわからず、その場を投げやりにそしてただがむしゃらに生きてきました。20〜30代は過食嘔吐、ワーカーホリック、夜の飲食店での自暴自棄な労働、体を壊す、借金の肩代わり…とたくさんの問題を抱えていました。

それでも“なんでも一人でぐっとこらえて我慢すること”が普通でした。そして、人に迷惑をかけず役に立つようにお世話ばかりし、都合のいい人としてまわりを優先させ自分を後回しにし心の中は不平不安でいっぱいでした。

そして「どうして、こんなに一生懸命に生きてるのに苦労ばかりするのだろう…」と悩んでいたんですね。

結局、何一つ問題は解決しないまま無理やり頑張るというような生き方しか出来なくていつも忙しく疲れ果てていました。

そんな中、もう無理…限界と自分の心と向合う決心することができたのは『子育てにおける爆発的な怒りやイライラ』がきっかけでした。

それまで自分だけ無理して我慢していたものが、子どもと毎日ずっと一緒に過ごす中で、子どもが意思を持ち「あれ!これ!もっと!もっと!」と素直にたくさんの欲求を表現してくる姿に、もの凄くイライラし得体のしれない怒りがどんどんわいてきて絶えられなくなって子どもを押さえつけてしまいました…。

子どもからはいつも「怒ってるの?ママ、ごめんなさい…」と言われ、わたしは常に眉間にシワをよせ険しい表情をし、頭では欲求を叶えてやりたいという思いがあるのに、実際には押さえつけ怒りがわいてくる…。自分が爆発しないように車の中にかけ込んではギャーっと叫び一人必死に怒りを抑えるのを繰り返すようになりました。「このままでは自分が小さな頃に叩かれ抑えつけられて育ったのと同じになる…」そう思い、もう限界でした。

それからはネットで心理系のものを読みあさり“爆発的なイライラの悩み”を解決するにはどうしたらいいのかを検索しました。

わたしは『子どもも小さいし、遠くへいくのはお金も時間もかかるし行きたくない』なんとか地元の仙台で心の問題を扱っているところはないだろうか?と思って探していました。

そんな時にちょうど心理セラピーの1dayセミナーがあり参加、オープンセッションを見て強い吐き気と頭痛で涙が止まらず…その後実際に心理セラピーセッションを受けました。

それまで『自分だけでどうにかならないか?』ともがいていましたが、自分1人ではもう無理だ…どうにもならない…と実感したんです。

そこで、この『人生の生きづらさ』は“無意識の心の仕組み”があること、自分の幼少期の親子関係での未完了の思いを癒しながら解決することができるということを知り、これは専門家にサポートしてもらいながら自分と向き合うしかない!わたしには専門家の支援が必要なんだ『もう嫌だ!絶対に変わる!』と決意したんです。

心理セラピーを受けながら、心理知識を長期講座で学んでいきました。そうしていくと、自分の手つかずだった問題が山のようにありました。

・夫婦のコミュニケーションの仕方

・両親とわたしの親子の関係性(共依存)

・自分には価値がない(無価値感)

・自己否定、自己重要感の低さ

・どこにいても居場所がない感覚

・いつも不安。欠乏感から選択をする

・優柔不断。自分で決めるのにものすごくエネルギーを使って疲れる

・いつも忙しい、くつろげない

・人に頼めない(自分でやった方が早い)

・断れない。Noと言えない。

・人を信じられない

・自分に自信が持てない

・場あたり的な投げやりの生き方

・過食嘔吐、便秘、慢性疲労…

などなど

今現状の問題を見ていくと、自分のそれまで抱えていた内面が見えてきました。

『わたしは、いったいどうなりたいんだろう…何がしたいんだろう…』まったくわからなくなりました。『わたしは、何を感じ何を思っているんだろう…』自分の人生なのに自分のことがわからない…。人のお世話ばかりして自分の人生を生きていなかったということに気づいたんです。
そして根っこには『自分はこの世にいなくていい存在だ』という強い自己否定を持っていました。

自分の心と向合うことは、変化がわかりづらく時間のかかるもの

自分の心と向合い癒し変化していくことは表面的にはとてもわかりづらいもので長期的に時間のかかる痛みのともなうものでした。

悩みや問題として表れていたものは今まで自分で見たくないと避けていた部分だったからです。つまり、辛く苦しいもので、さまよったり、投げ出したくなる時やくじけそうになることが多いものでした。

また、自分だけだと当たり前としている考え方に、他の視点で見てみるような客観視をしないと自分の中に何が起きているのか?ということに自分で気づくことはなかなか難しいものでした。

それだけに、心の専門家のサポートが必要でありがたいものでした。

心の仕組みを学ぶことで自分の味方、助けにすることができる

わたしは心理セラピーセッションを受けながら自分をあきらめずコツコツと向合い続けました。そして、心の仕組み・在り方を継続的に学び知ることで自分の生き方の味方、助けにすることができました。

また、同じような悩みを抱えた仲間出会い、話しお互いにサポートしていく中で人との関係性を実践を通じながら安心感のある人との関わりを体感し自分に主体性をもって物事を選択し自分軸を持てるようになっていきました。

そして、自己否定が強くダメだと思っていた自分は『わたしはわたしで生きていていい』という感覚を持つことが出来るようになっていったんです。

あなたの生きる力を取戻すサポートさせて下さい!

心の問題は自分と向き合いながら、たくさんの気づきを得ることができます。癒しが進んでいくとその先には自分を信じられ、やってみようというチャレンジ精神を持つことが出来るようになると思うのです。

その時感じた感覚を大切にし感情を素直に感じ、自分の意志を表現することができるようになると自分の感じる感情の幅が広がり心豊かになって喜びが増していきます。

気づけば自然にゆったりと安心を感じながら自分の生きる力を使って自分で自分の人生の舵を取り選択し生きていることがわかるようになると思います。

問題解決とは、生きていく上で嫌な事や悩みが全くなくなることなのではないと思うのです。何が起きても自分で考え、必要な時には助けを求めながら解決していくことができるようになるということだと思うんです。

そして、わたしにが一番心理セラピーを続けてきて良かったと思うことは『普段の日常生活での気持ちがとても楽になれた』ことです。心に余裕・ゆとりが持て子育てが楽しく、面白くなりました。

もちろんケンカや嫌な事だってありますが子どもたちとの関係性がぐんと良くなり見守ることも応援することも出来るようになりました。また、 夫婦関係も良くなり、素直に言いたい事を言い合い、話し合え家族に笑顔が増えました。

自分と向き合い気づく事が“癒し”となり“心のゆとり”が家族に広がっていくことを実感することができるようになったんです。今では眉間のシワがなくなり、柔らかい表情になっている自分にも気づくことが出来るようになりました。

わたしはこのようにして家族にそして、自分の未来に希望が持てるようになっていきました。なので、決して自分をあきらめないで下さい。

わたしは自分の経験を元にして、あなたの生きる力を取戻し自分の人生を生きるためのサポートをすることができます。是非お手伝いさせて下さいね!

PAGE TOP